« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月12日 (土)

変なカード 続き

発売される商品がイマイチで、カードへの興味が若干薄れてしまっているわけですが、
こんな時は、久しぶりにカードネタでも書いて気分を変えてみることに。

前回紹介したネタは表の写真に関してですが、今回はまったく逆のネタ。
カード裏の記述の話です。







1-1.JPG
1-2.JPG
Tom's 40th b-day gift from wife: a website.
「40歳の誕生日プレゼントに妻からもらったものはウェブサイト」


野球と一ミクロンも関係ないプライベートな話がたった1行書かれているだけで、
この人物が一体どんなプレイヤーなのかさっぱりわからん異様な紹介文になってます。

このカードが発行された年は1998年。
PCが普及した今とは違い、この時代に個人サイトを持つのって結構珍しいでしょうから、
カードの製作者がこの話を取り上げたくなったのかもしれません。

ちなみに、今検索してみてもそれらしきサイトは見つからず…。
色々と時代の流れを感じる1枚です。







2-1.JPG
2-2.JPG
Greg owns a complete set of '68 Topps cards.
「グレッグは1986 Toppsのコンプリートセットを所有している」


上記のものと同じく、野球とまったく関係ないプライベートな記述が書かれています。
メジャーリーガーがカードコレクターであるなら、その話がカード販促になると思って、
カードの製作者がこの話を取り上げたくなったのかもしれません。
ご贔屓さんだから単純に嬉しくなっちゃって、というのもあるかもしれませんが。

ちなみに、G.Gagneは相当コンプセットにこだわるカードコレクターのようで、
別の年のカードでも似たような記述がありました。



3-1.JPG
3-2.JPG
Greg's special gift to his 3 children :
"I try to build a Topps baseball set for each one of them every year. "
「グレッグは彼の3人の子供のために、毎年Toppsのコンプセットを作成している」


己のためだけでなく、カード収集の布教活動にも精を出すグレッグ氏。
しかも、「try to build」ということは、出来合いのコンプセットをただ買うのではなく、
自分でちゃんと集めてコンプしようとしてるわけですから、本当にカードが好きなご様子。
しかも、毎年3つ…。 まさにコレクターの鑑です。

しかし、こうやってコレクターの魂は受け継がれていくのでしょうか。
この子達もコレクターになっているのかなぁ。
なんとなく米国のカード文化や家族愛の一端のようなものが感じられ、ちょっと和みました。





普通のレギュラーカードでも、裏まで探すと意外な面白さが隠されてたりするものです。
ただ、最近はカードの裏の記述まで読み込むのはサボりぎみ…。
とりあえず、収集対象のSorianoのものだけでも目を通しておくかなぁ。

| | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »