« 07 UD Elements 開封 | トップページ | 来日外国人のMLBカード その7 »

2008年5月23日 (金)

08 Bowman 開封

Untitled0.JPG

買おうかどうか悩んだのですが、結局買ってしまいました。
最近のリリースが何が目的なのかさっぱりわからないものばかりであるせいか、
定番商品であるBowmanって魅力的なものなんじゃ、と感じてきたもので…。

とりあえず、黒田RCかリフオートでも出れば。

では、開封。





Untitled2.JPG

レギュラーは今年も120枚程度封入と大盛りです。
去年ブレイクした若手が早速レギュラー化しているのは嬉しいところ。

今年は外枠が細くなっているおかげで、写真が大きめで綺麗な感じ。
古くさいブラウン管テレビみたいなデザインが、なかなか味があります。



Untitled3.JPG

期待の黒田RCは、やっぱり手に入らず。

出まくるベテランレギュラーとは違い、6枚だけしか出ないのでは、どうしようもないです。
「Home of The Rookie Card」を自称するのなら、もうちょっと入れてもいいのでは。



Untitled4.JPG
Untitled5.JPG

最も重要なプロスペクトですが、いきなり何枚かダブりが発生。
どうも、パックの中身が完全に同一になってるものが数個あったようです。
レギュラー等のベースカードがキモの商品でこのシャッフルは頂けません…。

今年のデザインは、いままでにないような枠の形になっていて面白いのですが、
写真の面積が限られてしまい、選手が小さく写っているものが多くて残念です。





Untitled6.JPG
Base Set Blue U.Jimenez /500
Chrome Prospect Refractor B.Parnell /599


シリアル入りパラレルは、青パラとリフの2枚だけ。
24パックも開けたのに、目ぼしいカードがこれだけでは少し寂しいです。

メンツも寂しいというのが、また泣けてきます。







んで、最後にオート。







bumgarner goldref auto.JPG
Prospect Autograph Gold Refractor M.Bumgarner /50

奇跡のゴールドリフオートが出現。
色付きリフオート自体初めて引くのに、それがゴールドリフとは出来過ぎです。

M.Bumgarnerは全米10位、ジャイアンツの1位指名の高卒左腕。
最速95マイルの動く速球が武器で、将来的には98マイルほどに伸びる可能性もあるとか。
カーブ・スライダー等の変化球の方は、投げ始めたのが高2と遅いため評価は低いようですが、
それでも86イニングで143奪三振と、超高校級の投球を見せています。

現在は1Aに所属しており、4勝2敗、防御率2.56、WHIP1.11と安定した内容。
チームのプロスペクトランキングでも3位と評価も高いので、期待できそうです。





以上、開封終了。

4桁オッズのシロモノなんて引いてしまい、予想外の収穫となりました。
また、最近の怪しい商品とは違いコンセプトがしっかりしてるので、安心できる内容でした。

ただ、開封そのものはちょっと単調に感じられ、なんとなく物足りないような気もします。
同じようなパックを延々と開封すると、どうしても作業的に感じてしまうことや、
完全未知数なプロスペクトばかりだと、開封時の手応えがよくわからんからでしょうか。

リフ等が多く出たり指名順位で一喜一憂できるBowman DPとは、似て非なるものと感じました。

|

« 07 UD Elements 開封 | トップページ | 来日外国人のMLBカード その7 »

MLB 開封結果 2008」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1138173/25795046

この記事へのトラックバック一覧です: 08 Bowman 開封 :

« 07 UD Elements 開封 | トップページ | 来日外国人のMLBカード その7 »