« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月23日 (土)

06 Bowman Sterling 開封 2パック目

Untitled99.JPG

とあるショップに立ち寄ると、隅っこにパックの色が違うBowman Sterlingが。
よく見ると、絶滅してたと思っていた06年のものだったので驚きました。

君の靴さん主催の「MLB古箱サルベージ隊」に参加してるため無駄な出費は避けたいとこですが、
今買っとかないとなくなるかもという理由で強引に自分を納得させることに。
この年のメンツは魅力ありますし、自分は大物が引けないままでしたし。

こんなことだから、資金難に陥るんだよなあ…。





Untitled8.JPG
Base Set Rookie S.Olsen
Prospect C.Wimberly


06年のルーキーカードはことごとく(RC)扱いですが、これも例外ではありません。
出来が秀逸なものなだけに、もっと楽しめるメンツにしてもらいたかったです。

プロスペクトのWimberlyは大卒の俊足外野手で、チームのマイナー組織内で最も走塁が巧いとか。
高い打率も望めるようですが、2Aに昇格した昨季はダメダメ。





Untitled9.JPG
Base Set Rookie Autographed Relic S.Thorman(Redemption)

出ない出ないと嘆いていたオートメモラがついに出現。

ところがどっこい、メンツのなかで最もショボいThormanでゲンナリ。
UDに比べるとToppsのレデは送るのが面倒くさいという点も、萎えちゃいます。
発売からだいぶ時間が経っているので、代替に期待でしょうか。







ヤバイ。これはやっちゃった?
オートはだけは頼むぞと願いながら見ると…。







gordon auto.JPGhochevar auto.JPG
Prospect Signature A.Gordon
Prospect Signature L.Hochevar


なんじゃ、こりゃ。

ロイヤルズの超新星2人のオートが同時に手に入る異常事態に唖然呆然。
どちらも伸び悩んだせいか評価を下げてますが、それでも今後を期待できる選手です。

発作的に買ったときは大抵駄目なんですが、珍しく大当たり。
ああ、良かった…。

| | トラックバック (0)

2008年2月13日 (水)

07 Bowman Sterling 2パック目+α 開封

オフシーズンということで、カードの方もまったり具合になってますね。
こんな時期は、買い逃した商品をちまちま攻めていくに限ります。

てな訳で、07年のドラフト組オートがまだ欲しいのでBowman Sterlingを追加。
おまけで07 Bowman Heritage08 Toppsも数パック購入してみました。





Untitled1.JPG

07 Heritageからは、Schillingジャージ、Mantleパラ、KouzumanoffのNoSigSP等が出現。
駄菓子屋的な雰囲気を醸し出す加工は健在で、奇妙な懐かしさが込み上げてきます。
特に今年は写真と絵画の中間のようなものに仕上げているためか、それが顕著です。



Untitled2.JPG

08 Toppsでは特筆するようなものは出ず。 基本的な作りも例年通り。

1枚だけ名前部分の箔押しが銀ではなく金のものがありましたが、パラの一種なんでしょうか。
Giuliani市長が紛れ込んでるカードや大統領候補カード等と併せて、全体的にカオス仕様に。
しかし、大統領選があるとはいえ、娯楽商品に政治要素を持ち込むセンスはすごい…。





んで、一番重要な07 Bowman Sterlingの結果はこちら。





Untitled3.JPG
Prospect D.Jennings
Base Set Memorabillia V.Guerrero


期待してなかったプロスペクトで、ちょっと良い選手が出ました。
D.Jenningsはレイズのチームプロスペクトランク6位、アスリート能力は1位。
パワーはあまりありませんが、45個の盗塁を決められるスピードは魅力です。

オートメモラ出ろと念じていましたが、今回もまた引けず。
箱に1~3枚ぐらい入ってるはずなのに、縁がないなあ…。





Untitled4.JPG
Base Set Rookie Signature J.Danks
Prospect Signature B.Lahair


オートはRCとプロスペクトの組み合わせ。

J.Danksは今年ローテ入りしたものの、6勝13敗、防御率5.50と精彩を欠く内容。
また、2A以上のレベルでの成績も平凡なのでトッププロスペクトとは言い難いです。
03年の全体9位指名、22歳という若さなどを考えると、まだ伸びるかもしれませんが。

B.Lahairは02年の全体1180位指名という下位指名からの叩き上げの一塁手。
強打者なのに2年連続でHR数が減少してるうえ、年齢も25と厳しいラインにいます。
加えて、現在マリナーズは1塁を守れる選手がだぶつき気味なので、定着は難しそう。



前回とは違い、オートが2枚ともコモンレベルの選手…。

ただ、この駄目要素を帳消しにするカードも出ました。
それがこれ。





matsuzaka RC Ref.JPG
Base Set Rookie Refractor D.Matsuzaka /199

まさかの松坂RCリフ。

RCは1パックに1枚しか入っていないので、ピンポイントは不可能と諦めてました。
それが2パック目にして出現、しかもリフだったのは都合が良すぎ。





以上、開封終了。

期待のオートが2枚ともコケるとは思いませんでした。
松坂リフで救われたものの、肝心のドラフト組オートがかすりもしてないのは痛すぎ。
自分の思い描いていた展開と違っていると、思いのほかショックです。

う~ん、Bowman Sterlingは今回で打ち止めにする予定でしたが非常に微妙なところです。
市場から消えつつある商品なだけに、さっさと決断しないとマズイのですが…。

| | トラックバック (0)

2008年2月 2日 (土)

07 Bowman Draft Picks & Prospects 開封 2箱目

Untitled0.JPG

若干ネタ切れなので、年末に買ったまま放置してたBowman DPの報告でも。

06年6月からBowman系で引くオートが投手ばかりなので、野手が欲しくて買ってみました。
プロスペクトリフも出てないですし、ドラフト組のChromeもまだ欲しいので、それも期待。

さ、開封。





Untitled1.JPG
Untitled2.JPG

まだ2箱目なのですが、かなりダブりが発生してしまいガッカリ。
プロスペクトが28枚、プロスペクトChromeが13枚もダブったのは本当にキツいです。

これらのダブりに加えて酷かったのが、パック1のゴールドパラ。
前回の全部プロスペクトという結果に続き、24枚のうち22枚がRCという狂いまくったシャッフル。
バランスもへったくれもない構成には唖然とするしかありません。

こんな期待を裏切る内容のなか、ChamberlainのRCパラとPriceのChromeの出現は救いでした。
緑RCも無事コンプ完了。





Untitled3.JPGUntitled4.JPG
Draft Picks Blue R.Diaz /399
All-Star Futures Game Prospect Refractor C.Gonzalez
All-Star Futures Game Prospect Refractor B.Lillibridge


青パラと期待のリフ2枚は、共にフューチャーゲームのもの。
今年は1st cardのリフが全然手に入らないのですが、どういうオッズなんでしょ?



Untitled5.JPG
All-Star Futures Game Prospect X-fractor C.Kershow /299

箱1のX-fractorもかい…。
Kershowなだけマシですが、やはり望んでいたものと違うのでガッカリ感は否めません。
しかし、パラ4枚の全てがフューチャーゲームというのはキツイですね。





revere ref auto.JPG
Draft Picks Autograph Refractor B.Revere /500

オートだけは期待をしていた野手、しかもリフが出ました。

B.Revereは全米28位、ツインズの1位指名の高卒外野手。
去年の高校での成績は、9HR、長打率1.033、打率.516と数字だけならパワフルな感じ。
しかし、最大の売りはスピードで、マイナー50試合で10三塁打と21盗塁を記録してます。
他も打撃成績も打率.325、出塁率.388と、なかなか良いので期待も高まります。

ただ、盗塁死と四球の数を考えると、かなり早打ちで無茶をするプレースタイルのよう。
他にも、ヘボい返球、粗いスイング、打席中での奇妙な癖など、改善すべき点は多そうです。

う~ん、身体能力は抜群ですが、技術的な問題でデビューまで時間がかかるかも?





以上、開封終了。

期待通り野手のオートが出たものの、リフとドラフト組は完全に期待はずれでした。
また、良い商品とはいえBowman Sterlingの発売後に考えると、少し割高に感じてしまいます。
オートならSterling、1st CardならDPと、商品の狙いが違ってるので一概には言えませんが。



しかし、最近はRC系の商品にしか手を出す気になれないですね…。

高級版を買っても出るオートがRCかそれに近い若手ばかりで、スターはSPという状態ですし、
レギュも「1箱=○パック」という体裁をなすためだけのものに成り下がっている感があります。

結局手に入るものがRCか若手オートなら、初めからそれに特化してる商品のほうが健全かなと。
レギュラーも、出来が多少ショボくても「RC」という付加価値があれば気になりません。
このように箱の中身が1枚残さず楽しめるものであるなら、こちらを開けたくもなります。
値段も安いのが多いですし。

そういえば、最近RC系商品が積極的に出されてますが、これが高級版に代わる新しい流れに?

| | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »