« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月28日 (金)

07 BBM Touch The Game 開封

Untitled0.JPG

最近はめっきり手を出さなくなったBBMですが、恒例のTTGだけは1箱買うことに。

MLBに比べて低価格で手ごろなので、さほど見返りが無くとも諦めが付く一方で、
激辛オッズとはいえ、超絶センスのスーパーパッチを期待できるのも魅力ですから。

さ、開封。





Untitled3.JPG

今年も、レギュは良い具合です。
美術的な石材を思わせるエンボスが、落ち着いた印象を与えてくれます。
また、選手の顔付近はエンボス加工を避けてる辺り、気を配っているように感じました。

チェックリストも、去年同様に面白写真が使用されていて好印象。





Untitled4.JPG
ゴールドパラレル 黒田博樹 /150

箱にパラが2枚入ってたり、プラ製パラもあるそうですが、出たのは金パラ1枚。
しかし、出た選手が黒田なら、そんなことも気になりません。

今オフにポスティングでメジャーに移籍か?と言われてますが、果たして?
鯉ファンですが、鯉のエースが海を渡って活躍する姿も見てみたいので複雑…。


しかし、今年の金パラは銀色と区別が付きにくいですね。
スキャンすると、さっぱりわからない状態です。





そして、期待のメモラは…





青色のカードなので、ボールか…。





tanaka ball.JPG
縫い目入りボールカード 田中賢介 /20

ボールはボールでも、縫い目入りでした。
ボール素材が分厚く、凹凸があって存在感があるので、迫力あるメモラです。
縫い目の間に微妙に砂が残っているのも、生々しくて素敵。

選手もシーズン最多犠打のリーグ記録保持者である田中賢介と、大当たり。





以上、開封終了。

期待してたスーパーパッチではないものの、予想以上に格好良いメモラが出たのは満足。

ただ、勝負できるのがパラとメモラの2枚しか無く、インサート&サブセットも無いため、
パックの内容が非常に淡白で、開封が淡々と進んでいったのが難点でした。

もう何年もこのような構成が続いていますが、変わることが無いんでしょうか…?

| | トラックバック (0)

2007年9月 5日 (水)

UDのレデンプション 到着

少し前の話ですが、UDからレデンプションが1枚帰ってきました。





Untitled0.JPG
Rookie Signatures C.Quentin /399

登録した当時は、格好いい直書きオート+4バットが代替としていっぱい帰ってきていたので、
そいつを期待していましたが、残念ながら(?)オリジナルがそのまま届きました。

いっそのこと、レデに書いてある「12~16週程度で発送」の期限が過ぎたら、
ご機嫌伺い&代替希望のメールでも送ったほうが良かったのかもしれません。
UD側からすると、迷惑極まりない話なのかもしれませんが。





で、その「12~16週程度」の期限を楽勝でスルーしてるLiriano&Nathanレデですが、
UD公式を久しぶりにチェックしてみたところ、状態が少し変化してました。



Untitled222.JPG
「Replacement is not available for this item.Your original will begin mailing in October.」

どうやら「代替希望は受け付けません。オリジナルを10月に送ります。」ということのよう。

これだけはオリジナルが欲しかったので、期限が過ぎても、他のデュアルの発送が始まっても、
敢えて何もアクションを起こさずに、放置し続けてました。
下手に質問やご機嫌伺いのメールを出すと、代替希望の受付メールが返ってきかねないので。



しかし、代替の希望を聞くようになるとは、レデの対応も随分と柔軟になったものですね。
以前は、いつ返ってくるのかわからないうえ、謎の代替品、最悪の場合は黙殺とかでしたし。

まあ、レデなんて無ければ一番なんですが…。

| | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »