« 2007年5月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年6月

2007年6月27日 (水)

UDのレデンプション 到着

Reflectionsで出た、Rios&Crawfordのレデが帰ってきました。
古いレデであるうえ、発送まで時間が掛かったので、代替かと思ったのですが無事到着。





Rios Crawford auto.JPG
Reflections Dual Signature Red A.Rios&C.Crawford /99

ベケ評価は低いですが、現役スピードスターのオートは未所持だったので気に入ってます。
Reflectionsの赤パラオートも初めてでしたし。



そんなことを思いながら眺めていると、ちょっと気になることが。

Riosのシールは、旧タイプ(UDのロゴが沢山整列してるやつ)だったのですが、
Crawfordのシールは、新タイプ(大きいAの文字が2つ重なってるやつ)になっているんです。


新タイプのシールが出回りはじめたのは、06年ごろ。
そして、Reflectionsの発売は05年の半ば。
不足したシールを再び確保するまでに半年、またはそれ以上かかってるという事なんでしょうか?



もしそうなら、もっと手間のかかりそうなSweetSpotのデュアルのレデはいつ帰ってくるんでしょう?
しかも、時間がかかればかかる程、代替の可能性も高くなるでしょうし…。
アレが代替になって帰ってきたら、泣くぞ…。

| | トラックバック (0)

2007年6月16日 (土)

来日外国人のMLBカード その3

なんだか、箱買いの資金もネタも空っぽの状態が続いてます。
こんなときは、来日外国人カードのネタでも。







Untitled2.JPG
阪神タイガース マイク・キンケード


このカード裏には、excellentとかprospectなんて綺麗目の言葉が書いてありますが、
彼の日本での印象は、「泥臭い」とか「太く短く」とか「当たり屋」といったとこでは。


大リーガーなのに、ベースに寄りまくって死球ゲットという異常極まるスタイルを披露。
わざとボールに膝を当てにいったせいで死球取消しになったときは、色々な意味で泣けました。

一時期は、安打より死球が多いというあまりに狂った成績で話題になりましたが、因果応報。
死球で骨折、さらに別のプレーでの骨折もあり、結局26試合の出場に終わりました。



今はどうしているのかと思い調べると、マイナーで再びメジャーを目指しているようです。
死球でずいぶん痛い目を見たので、さすがにもう当たり屋スタイルなんて…





まだやってました

05年に128試合で30死球、06年も106試合で22死球。
今年で34歳なのに、懲りないなぁ、この人…。

| | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年8月 »